2007.02.07

割箸くん達の話し合い

その四

樺太くん     大家、好久不見了。皆さん、お久し振りです。

楊子さん     真的。本当にご無沙汰でした。皆さんお元気でしたか?

竹男くん     私はますます元気一杯です。

樺太くん     そうだよね、竹男くんは良いよね。
          僕達中国産の木製割箸は、森林破壊につながると厳しい伐採制限を受けてるんだ。

楊子さん     そうよ、そうよ。私達は今では、ロシアから原木や半製品に加工した物を輸入して製
          品に加工選別されてる仲間がとても増えて来てるの。

竹男くん     そうだってね。中国の原木は割箸用には使用出来なくなると言う話しだし、そのうち
          樺太くんや楊子さんの仲間はロシア出身ばかりになりそうだね。

樺太くん     その点、竹男くんは仲間がどんどん増えて行くばかりで羨ましいよ。

楊子さん     日本の大手コンビニでも一部採用されたそうじゃないの?日の出の勢いね。

竹男くん     そうなんだけど、僕達は君達と違ってカビが生えやすく、虫も付きやすいだろう、殺菌
          乾燥など、結構むつかしい点も多く簡単じゃないんだよ。
          コンビニでどんどん採用されたら、いくら竹は成長が早いと言っても、追いつかなくなる
          んじゃないかな?

楊子さん     でも、節入りで厚みも少し薄くして、歩留りを良くして、一本の原竹から出来る数量を
          増やし、コストも下げるって聞いたわよ。大丈夫じゃないの?

樺太くん     う〜ん、しかし大手コンビニが一部とは言え、何処も採用したら、一般の飲食店も採用
          する店がきっと増えると思うよ。そうしたら、ちょっと大変かな?

竹男くん     樺太くん、楊子さん、木製割箸の話に戻るけど、ロシアで製品まで加工して直接日本に
          輸出する話しは無いの?

樺太くん     もちろんあるよ。でも、25年位前に日本から中国に割箸の生産を指導に来た時より
          は少しは楽だろうけど、民族、文化、習慣が異なる国で、いきなり完成品までは、どう
          かな?

楊子さん     日本は品質等、めちゃくちゃ厳しいものね。

竹男くん     それでは当面は、ロシア材を中国で加工するケースが多く、それにロシアで半製品に
          して中国で製品にして日本に輸出する、つまり加工貿易が主流になりそうだね。

樺太くん     うん、まだまだこれから先いろいろ問題が起きそうだけど、次回話し合おう。

楊子さん     ちょっと待って、使い捨て割箸は森林破壊につながると言われ、すごく悪いもののよう
          に言われるけど、本当にそうかしら、良い面もたくさんあると思ってるけど。
          次回は、そのような点についても意見交換しましょう。

竹男くん     そうだね、日本の杉作さんや桧之吉さんにも参加してもらいたいね。

樺太くん     では、次回また、お互い元気で会いましょう、再見。 

    
トップページ
編集者のページ
戻 る